転職して連続勤務6ヶ月。大手メガバンク3社の住宅ローンの仮審査は意外な結果になった【東京の新築マンションを購入するまでの道のり⑥】

SPONSORED LINK

嫁のましゅです。
転職前はすんなりと通っていた大手メガバンクの住宅ローンの仮審査。
転職して勤務状況が変わったので、再度住宅ローンの仮審査に出す必要があると敏腕不動産営業マンに言われて再度出しなおしをすることになりました。
じつに半年ぶりの仮審査です。

今回は、2回目の住宅ローンの申し込み結果についてご紹介します。


我が家の住宅ローン事情

●私と旦那のペアローン
●旦那は転職して新しい勤務先では在籍6ヶ月
●私は在籍2年半
●大手メガバンク3社の仮審査に申し込み
●借金、他のローンなし

旦那が転職したこと以外は変わっていません。
年収も以前よりかはわずかにアップしたくらいですが、世間的に名前が知られている企業からベンチャー企業へと転職しました。
敏腕不動産営業マン「住宅ローンの審査は通りますよ〜」といっていて私も通過した気持ちでいましたが、旦那がすごく心配性。

よぴ
大丈夫かな大丈夫かな大丈夫かな
よぴ
ダメだったらどうしよう…

とか、唱えているうちに私までも心配になってきました😭

1回目の仮審査は3社すべて融資で通った

1回目の住宅ローンの仮審査結果はこんな感じです。

S社:承認
M社:条件付き承認
U社:承認

2回目の住宅ローン仮審査結果

S社:条件付き承認
M社:条件付き承認
U社:承認

ましゅ
U社以外の2社は条件付き承認でした

3社とも基本的には融資承認だったものの「条件付き」の内容がかなり細かったです。
例えば、

●直近の給料明細を出す
●過去数年分の源泉徴収書を出す
●銀行の人と面談をする

などの「条件」が2社はマストでありました。

ただひとつU社だけは条件なしで、すんなり仮審査が通ったんです。
面談や書類を出すのも面倒ですし、金利はどこの銀行もほとんど変わりませんし、1回目の住宅ローンの仮審査から2回目まで半年期間が空いていしましたが、その間に何度も営業電話をかけてくださったU社で住宅ローンの本審査を受けることに決めました。

敏腕不動産営業マンに融資にオススメの銀行を聞いてみた

条件つきでしたがメガバンク3社に一応仮審査が通過したので、どこの銀行で融資を受けるのがいいか敏腕不動産営業マンに聞いてみました。

そしたら「メガバンクなら住んでいる家の近くにある銀行であればどこでもいいと思います」ってアドバイスをくれました。
住宅ローンとは数十年の付き合いなので無理なく通える立地にある銀行がオススメみたいです。

ましゅ
小さい銀行や新規の銀行だともしかすると潰れる可能性もありますが、信頼と実績があるメガバンクなら確かにどこの銀行を選んでもいいかも

1回目はすんなり通ったのに、2回目は条件付きになった理由を考えてみた

ましゅ
この半年間で変わったことといえば、旦那が転職したくらい。
それ以外のことは考えられないので転職や会社の在籍年数が住宅ローンの仮審査結果に大きく影響することがわかりました

住宅ローンを組む際に絶対に転職してはいけないといいますが仮審査でも審査結果に少なからず影響を及ぼします。
それでもメガバンクは審査が厳しいといいますが、条件付きとはいえ「承認」になりました。

よぴ
銀行も本当に人にお金を貸したいからな。
頑張って通すんだよ
ましゅ
そうだけど、ちゃんと返済能力を見るための仮審査なのですよ

ちゃんと勤務していて、ちゃんと収入があって、借り入れや犯罪歴がないクリーンな人間だったら、転職して新しい職場在籍6ヶ月でもメガバンクはお金を貸してくれるんだな、と感じました。

次回は、住宅ローンの本審査についてご紹介したいと思います。

人気の関連記事