うさんくさい頼りになる。私たちの優秀博識な不動産営業マン【東京の新築マンションを購入するまでの道のり④】

SPONSORED LINK

嫁のましゅです。
前回ついに、契約書にサインをしてしまいました。
まだ正式にマンションを購入していないものの、マンション本申し込み一歩手前。
内金を何十万円か入れて、実印を押してしまえばもう戻れない状態です。

この前の記事でチラッと担当してくれた不動産営業マンの話をしました。
この営業マンが担当じゃなかったら、いま住んでいるマンションに暮らしていなかったかもしれません。
それくらい優秀で博識だと感じました(もちろん年上)。

今回は、私たちを担当してくれた「ちょっと話した感じうさんくさいけど、博識な営業マン」についてご紹介します。


表の顔は、うさんくさい5割・頼りになる5割。でも裏では闇を抱えていて部下に超厳しそう

担当営業さんの特長としては、こんな感じでした。

  • 私たちよりも10個以上年上
  • 男性、既婚者
  • 転職してこの会社が2社目
  • 不動産業界歴10年以上
  • フランクな性格(でも、決して馴れ馴れしいわけではない)
  • 私たちの質問に対して即答で、すべて納得できる回答を出してくれる
  • マンション契約・住宅ローンを通すために裏話を隠さず話してくれる

私たちはマンション購入初めてです。
インターネットやSUUMOなど専門機関で知識を得ていたとしても、マンション購入についてはまったくの素人です。

不動産屋さんの情報をすべて鵜呑みして信用するつもりも毛頭ありませんでしたが、分からないこと、知りたいことを訪ねて即レスで納得できる答えがいただけるのはビジネスマン的に信用ができました。
知識があって、解決策を即時に提案できる人、というところで信頼できると思ったんです。

よぴ
うちらの営業マン、絶対やり手だよな
ましゅ
うん。
うちらの前じゃ、めっちゃ笑顔やけど裏に戻ったら厳しく後輩を指導していそう
よぴ
絶対裏の顔があるぜ

営業さんだもの。
裏、絶対ありますよ。

うまいと思ったキラーセールストーク(1)
「一度売れてしまったけど今日キャンセルが入ったんです」

本当かどうかわかりませんが、私たちがモデルルームに行ったときには希望する間取りがもう2部屋しか空いていなかったそうなんです(夕方遅めの時間にモデルルームに行きました)。
それも、もともと一度は売れてしまった部屋なので空いているはずがなかったと説明を受けました。

ましゅ
(私たちだけでなく、ほかの誰かもいいと思った部屋やもん。
これは間違いなくいい部屋で、キャンセルが出て空いているのは運命やわ!)

って正直、私は思ってしまいました。
単純なのかしら…?(でも、本当にいいお部屋だった!)

うまいと思ったキラーセールストーク(2)
「この年収なら余裕でフルローンが組めます」

私たちは共働き。
もともとペアローン、フルローンで分譲マンションを購入するつもりでした。

住宅ローンに必要なステップも審査基準も何もわからなかったのですが、担当の営業さんが「このふたりの年収なら余裕で住宅ローンを組めます。働いているところも大乗です。ただし、絶対に転職しないでくださいね」といわれて、旦那はなぜか上機嫌になっていました。

よぴ
ほうほう。
この年収で、この金額の住宅ローンが組めるのか。
やっぴーやな

じつはこのときすでに旦那の転職が決まっていたので1番始めの申し込み時は内緒にしていました(その後にちゃんと転職をする予定だということを伝えました。住宅ローン関連でちょっと大変だったお話はまた次回しますね)。

フルローンでマンションを購入するためには、住宅ローンを組むことが必至です。
住宅ローンを顧客にちゃんと組ませることも担当営業マンの仕事(住宅ローンが組めないとマンションを購入できなくなってしまうため)で、イレギュラーな相談や無茶なお願いにも丁寧に対応してくれました。

自分たちで銀行にアポイントを取って住宅ローン相談するという手もありますが、不動産経由での住宅ローン相談は不動産の営業マンが先回りして必要な書類を教えてくれますし、分からないことがあったら気軽に聞けるので不動産経由で住宅ローンを組むほうを私はオススメします。
自分たちでやらないでいいですし勝手にスムーズにやってくれたのでとても楽ですよ(でも、数万円の手数料がかかった気がします)。

うまいと思ったキラーセールストーク(3)
「資産価値があるマンションだから将来的に売却できる」

私たちは、おじいちゃんおばあちゃんになってもずっと住めるマンションを探していました。
マンションを購入することに頭がいっぱいで、将来的に住み替えをするという構想をまったくしていなかったのですが、営業マンに「もしもなにかあってこのマンションを売りたくなっても、売りやすいと思います。このマンションはアドレスもいいですし、駅から近い物件なので資産価値が高いですよ」

資産価値の算出方法はまったくわかりませんが、駅近で立地がいいことは私たちには分かりました。

ましゅ
「資産価値が高い」って言われたら、「へぇ~~!そんなにいいマンションなんだ」って素直に納得してしまいました

資産価値が高いか高くないかの判断基準は専門家ではない限りは情報を集めて感覚を養うしかありません。

やっぱ最終的に信用できるって思ったから契約した

心が揺さぶられるキラートークを何度もぶつけられましたが、最終的にはこの営業さんが信頼できることと、物件のスペックで購入を決めました。
この2点、どちらかひとつでも欠けていたら購入に繋がらなかったと思います。

マンションのスペックがよくても担当営業が微妙だったら絶対にマンションを購入しないと思いますし、担当営業がバリバリ優秀でもマンションの設備がダメダメだったら購入しないです。
担当営業とマンションのスペック、この2点どちらもよかったことがマンション購入の決め手でしたね。

期待と不安の気持ちを持ってマンションの契約をして、次回は実印を持って本契約です。
と、同時に住宅ローンの仮審査の手続きもあったのでそのときのやり取りをご紹介したいと思います。

家探し・家づくりの悩みをプロが無料で解決


お家探し、部屋探しで迷ったら気軽に相談できるLIFULL HOME'S 住まいの窓口に相談するのがオススメです。

こんな方にオススメ
●仕事が忙しくてお店で住宅の相談をする暇がない
●効率よくスムーズにお家を探したい
●プロの意見を聞きたい
●住宅探しにお金をかけたくない
●子育てで外出が難しい
●ケガと病気で遠出が億劫
●質問したことに対する的確な答えが欲しい
●質問したいのは本当に2、3項目だけ


注文住宅、マンション、戸建て、中古リノベーション、新築マンションなど住まいの相談から、住宅ローンや税金など金銭のご相談、住宅購入のスケジュール感など住宅購入にまつわる大きな質問から些細なライトな質問まで、プロが的確な答えを即レスで対応してくれます。

住宅購入で情報収集を怠ると100万円以上の損失を被ったり、買い替え目的で部屋が売れなかったり、購入後に後悔することが多数。

満足のいく住宅購入のためにも、プロのアドバイスは絶対に聞いておくことをオススメします。 LIFULL HOME'S 住まいの窓口無料相談サービスはいま限定。 このサービスがいつ終わってしまうのかまったくわからないので、いますぐ相談するのが絶対お得ですよ。

人気の関連記事