情弱は損をする。私の家の探し方【東京の新築マンションを購入するまでの道のり②】

SPONSORED LINK

嫁のましゅです。
前回は、26歳で分譲マンションを購入しようと決めた瞬間をご紹介しました。
よぴとましゅは「何か」が決定するとすぐに行動をする派。
マンションを購入すると決めた週にはインターネットで分譲マンションを探し始めました。


WEBサイトでマンションを探したものの探し方が分からない

お家探しで真っ先に思いついたのはSUUMOでした。
SUUMOのWEBサイトへいき、「買う」→「新築マンション」→「関東」→「東京」と選択していきます。

ましゅ
え。待って。
すっごくたくさんあるわけではないけどどうやって選んだらいいのか分からない
よぴ
そもそもいくらのマンションが買えるのかぜんぜん分からないな

あたりまえにマンション購入経験ゼロだったので、住みたいマンションの探し方もかなりアナログ。
自分たちがいくらのマンションを購入できるのかが分からないだけでなく、どんなマンションで、立地はどこで、どんな部屋に住みたいのかもなにも想像ができていませんでした。

何も知らないままマンションを購入すると自分たちが損をするので、まずは情報を収集することにしました。
そこで、住まいの無料相談窓口「住まいと暮らしとコンシェルジュ」と「スーモカウンター」を予約して知識を得ることから始めました。

「住まいと暮らしのコンシェルジュ」で予算の概念を知る

住まいと暮らしのコンシェルジュでは、プロのファイナンシャルプランナーさんに教えていただきました。
ファイナンシャルプランナー1級(難しい国家資格!)を持ったお金のことを扱うプロで、とても丁寧に説明してくださったんです。

いま思えば、すごくあたり前なのですが、まずはマンション購入の予算を決めます。
予算の出し方は、自分たちの年収・年齢・将来設計をもとに計算するんです
(自分ではできないからご興味がある方はプロのファイナンシャルプランナーにご相談するのがいいですよ)。

マンションを購入する際、年収の7倍の金額の住宅ローンを組むことができると私たちは知りました。
年収の8倍、9倍、10倍まで住宅ローンを組めるようですが、生活費がややくるしくなるそうなので、安定してゆとりをもって生活をするには所得の6倍、または7倍くらいがオススメとのことです。

これらの数値はあくまで参考程度ですので、子どもがいる場合は養育費、通院している場合は治療費などがプラスされるのであくまで目安として考えてくださいね。

「住まいと暮らしのコンシェルジュ」でマンション購入における譲れないポイントのすり合わせが大事だということを教えていただきました。
支払いは旦那だけなのか、ペアローンなのか。両親からの援助はあるのか。新築マンションなのか中古マンションなのか、駅から遠くてもいいのか、間取りは2LDKなのか1LDKなのか、都心なのか郊外なのか。

ましゅ
夫婦で事前によく話合うと家探しにブレがないので納得するまで話あってよかったなあ、と感じました。

「スーモカウンター」でマンションを5軒ほど提案される

スーモカウンターのご担当者は、ファイナンシャルプランナーではなく「アドバイザー」という肩書きだったと思います。

基本的に「住まいと暮らしのコンシェルジュ」と似たような話を聞き、スーモカウンターでは「年収の10倍のマンションが購入できますよ!」と声高らかにいわれた記憶があります。
それにまんざらでもない旦那ちゃん。
でも、値段が高すぎるマンションは毎月の返済が苦しくなるから私は嫌です。

購入の予算、希望の立地・間取りなどを伝えると、スーモカウンターは具体的なマンション5つほど提案してくれました。
マンション掲載数最大級のSUUMOなのでそのまま具体的なマンションを提案してくれるのはスーモカウンターの強みだな~って思います。

スーモカウンターの提案精度はすばらしく、いま住んでいるマンションは、スーモカウンターが提案してくれたマンションなんです。

自分たちで探していたらマイホームで出会えてなかった

いま住んでいるマンションは自分たちで見つけたマンションではなく、スーモカウンターがみつけてくれたマンションです。

よぴ
WEB上で見るまでは全然いいだなんて思わなかったけど、すでに2軒自分で探した新築マンションを内覧していまいちだったから、なんとなくで見にいったけど即決するほどよかった

いったん完売になったマンションでしたが、たまたま2軒キャンセルが出たってところも購入を即決した決めてのひとつでした。
いま思えば、営業マンのセールストークかもしれませんが、いままでみた物件の中でダントツによかったのでいま本当に満足です。

私たちの家は、自分たちでできる範囲で情報を調べてから、マンションのプロに伺って見つけました。

次回は、マンションを購入したときの感想をご紹介したいと思います。

人気の関連記事