マンション購入時に注意!高望みすると住宅ローンを払えるか不安に

SPONSORED LINK

最大の住宅ローンを払えるか不安

旦那のよぴです。
マンションを購入する際どこを注意し、どんな物件を購入したほうがいいのか検討してみました。

ましゅ
珍しく、真剣な話題だね
よぴ
いつも真剣だわ

マンション購入時の注意点

マンション購入時の注意点は、ざっとこんな感じだと思います。

マンションを購入する前にみておきたいポイント

  1. 資産価値の落ちにくいマンションを選ぶ
  2. 無理のない住宅ローン設定ができるマンションを選ぶ
  3. ランニングコストをきちんと認識
  4. 低収入の人でも購入できるマンションは避ける
よぴ
それでは、これらのポイントについて詳しく説明しようと思います!

マンション購入前にチェック!(1)
資産価値の落ちにくいマンションを選ぶ

よぴ
マンションを購入したとしても、ずっと住み続ける保証はありません

ライフスタイルの変化に伴って売却することも考えられます。
そのため、何年、何十年経っても資産価値の落ちにくいエリアに物件を購入することが大切です。
具体的に資産価値の落ちにくいマンションとは、

  • 立地
  • 管理状態
  • 規模

この3点だと言われています。

①立地

立地のいい物件は、市場価値が下がりにくい傾向があります。
ましてや、人気のある都内は下がるどころか、最近では上がってきているため、購入できるならば、都内の駅近の物件を選ぶといいでしょう。

ちなみに人気のエリアを知りたい方は、前回の人気のエリアランキングをご覧ください。

②建物の管理状態

いくら良いマンションを購入したとしても、建物をしっかりと管理しないと劣化し、マンション自体の価値が下がっていきます。
管理人がいるかや、共同部の掃除はどうなっているのか等もしっかりチェックしていきましょう。

③規模

規模の大きなタワーマンション等は共有部分も充実しており、駅直結や商業施設が入っているマンションもあります。

そういった物件は管理費が高くなるケースが多いですが、価値はなかなか落ちません。

マンション購入前にチェック!(2)
無理のない住宅ローン設定ができるマンションを選ぶ

世間一般的には、住宅ローンは年収の7倍まで借りれるといわれています。

しかしギリギリで借り過ぎるのは危険です。
なぜならば、金利が変動するから。
そのため無理なく返済できる金額をしっかりとシミュレーションすることが大切です。

よぴ
だがよぴは背伸びがしたい年ごろ。
7,000万の物件は譲れないな。
今後年収が伸びることは考えたらOKやな
ましゅ
でも、よぴひとりで7,000万円の住宅ローンなんて組めないからね(爆)

マンション購入前にチェック!(3)
ランニングコストをきちんと認識

マンションを購入した後、住宅ローン以外にも毎月、管理費や修繕費、
毎年、固定資産税や都市計画税といった支出が存在します。

そのため、あまりにも無理をしすぎて、ランニングコストが払えないってことにならないように注意しましょう。

いくら年収の約7倍の住宅ローンが組めたとしても、そのほかの費用がかかってくることを忘れずに!

マンション購入前にチェック!(4)
低収入の人でも購入できるマンションは避ける

低収入の人でも購入できるマンションは、住み始めた後にマンション自体に問題が出てくることが多いからです。
年収が低いと管理費が滞納したりして、建物の手入れが十分にできないとなると、マンション全体の環境が下がっていきます。
そのため、低収入に人でも購入できるマンションを購入する場合はしっかり検討することが大切です。

身の丈に合わない高額マンションを購入すると、日頃の生活が貧困に

ましゅ
年収の7倍しか住宅ローンを借りることができないってシビアだねー
よぴ
スーモカウンターに行ったときは、1億円の住宅ローンも組めるって言われたんだよな
ましゅ
それは、かなり高望みしている!
高級マンションでコンフレークをひっそりと食べている姿が目に浮かぶわ(汗)
マンション買った後の生活がひもじい過ぎる
よぴ
住宅ローンを無理に組むと払えるのかが不安になるだけじゃなく、日頃の生活に支障を来たすよな

マンションを購入する前に住宅ローンのシミュレーションをすることが最も大事だと思いました。
住宅ローンのシミレーションは不動産会社なら、なにかしら対応してしてくれます。

スーモカウンター東急住まいのコンシェルジュも定年でオススメでした。
業者さんによって、言っている意見が違っていたり、借りられる金額に微差があるので、3つくらいシミレーションを取って参考にするといいと思います。

続く!

人気の関連記事