葛藤!職場の派遣社員仲間が卒業&転職「やっぱり正社員になりたい」

SPONSORED LINK

彼女は派遣社員を半年で卒業。
転職先は正社員

ましゅ
25歳前後の派遣社員同僚の転職が決まりました

嫁予定のましゅです。
派遣社員たるもの、やはり正社員になりたいという気持ちは心の隅に存在するようです。

今回、派遣社員の卒業を決めた同僚も「やっぱり正社員になりたかった」といってスピード転職。

ましゅ
本当におめでとう!

という気持ちでいっぱいなのですが、ましゅもまた正社員に戻りたいって思う日がくるのかしら?

派遣社員になる前と後のギャップ

ましゅも2年前に初めて派遣社員になりましたが、少なかれやはりギャップはありました。

例えば、正社員のときは就業時間フルフルにタスクが詰め込まれていたのに、派遣社員になった瞬間、業務量が緩やかに。

ましゅ
あれ?
これだけしか働いてないのに、こんなにお給料をもらっていいの?

と、戸惑ったことを今でも覚えています。

短時間でもバリバリ働きたい人にとっては、やはり派遣社員はむいていませんね。
今回転職を決めた同僚も、どちらかというと四六時中仕事で忙しくしたいタイプでした。

仕事好きの同僚が派遣社員を選択した理由

彼女が派遣社員を選択した理由のひとつとしては、「つなぎ」のためです。

一人暮らしだと特にそうですが、転職の間に休んでいる期間は設けたくないもの。
純数にお給料が減るので生活が苦しくなりますからね。

ましゅ
充分に貯金をしていないと、転職の間の期間はなかなか休めません

彼女いわく、派遣社員のお仕事は数日で決まったらしく、もともと長く続けるつもりはなかったみたい。

それもそれで、正しいくて効率的な「派遣社員」の使い方ですね。

ましゅも将来的にきっと正社員になりたいときがでてくる

いまは「派遣社員でいい」と断言しているましゅですが、派遣社員の同僚みたくいつか「正社員になりたい!」って日はくるかも。

そんな日がくるときって、ましゅなりの理由があると思うんです。

派遣社員から正社員に戻りたくなる理由(1)
やりたいことが明確になったから

ましゅは、幸いなことに一社目でなりたい仕事につけました。

ましゅ
ジャケットを着ることなく、営業ではないお仕事がいい!

↑は、すごくふざけている理由ですが(汗)、もっとちゃんとやりたい業界&やりたい職種がありました。
1社目と2社目も、歴は浅いですがわりとやりたいことをやれたので、休息の意も込めまして派遣社員を選択したんです。

そうそう、いまの派遣先もただ事務作業ではなく、正社員と同じくらい働くこともあります。
派遣社員になったときは、業界は一緒だったものの職種をチェンジできたので、自分のスキルやキャパが以前よりかは広がりました。

今後さらにやりたいことがみつかったとき、ましゅは自然と派遣社員をやめるでしょう。

派遣社員から正社員に戻りたくなる理由(2)
いまいる場所で学ぶことがなくなったとき

(1)の理由と若干にていますが、派遣社員で在籍している会社も学ぶことがとても多いです。
この学びの機会がなくなったり、「もう十分だなあ」と思ったらましゅは派遣社員をやめるはず。

ましゅ
インプットが多い場所なので、へたな企業よりかは全然派遣社員のほうがいい

現状のましゅの気持ちです。

派遣社員から正社員に戻りたくなる理由(3)
少ない業務量に飽きてバリバリ働きたくなったとき

ましゅ
いまの業務量は比較的ゆるやかです

もっともっとバリバリと難題をこなしたり、量を多く重ねたくなったら、絶対に正社員に戻ります。
派遣社員になって業務量は格段に減りました。
お休みメーターが十分に休息できたら、ましゅは正社員としてバリバリ働きます。

仕事にやりがいを求めるのは派遣社員も正社員も関係ない

雇用形態は違えど、仕事にやりがいを求めるならば派遣社員でも正社員でも変わらないと考えます。
その業界やその世界にいることに意味があるので、転職するときにうわっつらの給料面や待遇面、福利厚生だけで仕事を決めると長続きしません。

やっぱりその仕事に興味があるか、ないかが重要。
「やっぱり正社員になりたい」っていう気持ちはましゅ的には2番目で、もしも今後転職するなら「やりたいこと」を重視して働きたいです。

でも、心のどこかで、

ましゅ
正社員は交通費がでるからいいなあ

と思っている自分がいます(笑)

人気の関連記事