税金が安くなるマンションは50㎡以上!住宅ローンの減税をフル活用する

SPONSORED LINK

高額マンションの購入は現在対象!
ただし、条件や制約アリ。

ましゅ
数字にめっきり弱いましゅです。
ましゅ
10,000円と100,000円と、桁をよく読み間違えます
よぴ
やばい。
こやつはおバカに違いない

嫁予定のましゅです。

お金まわりはとても苦手ですー。
先日も会社の経費を自分のクレジットカードで引かれていることに気がつかず2ヵ月経ってから会社に指摘されて気づきました。

ましゅ
クレジットカードの明細はよく見ないとあかんよ

お金に対してもっとシビアに行こうと決めました。

そんな中、あいもかわらず7,000万円の高額マンションを購入しようと奮闘中。
マンションの物件次第では税金がいくらか減税されると知りました!


税金が安くなるマンションは、登記簿面積50㎡以上が条件

マンションを購入する際は色々な税金がかかるそう。

よぴ
まずは、消費税だよな
ましゅ
ましゅマミーがいっていたけど、固定資産税とかも住んだらかかるらしいよ

具体的には、

マンション購入時のみかかる税金

  • 印紙税:売買契約とローン契約時に3〜5万円ほどかかる
  • 登録免許税:所有権などの登記時に専門家に渡す費用として10数万円かかる
  • 不動産所得税:購入時に納税するが、マンション購入を申告すると軽減せれてプラスマイナスゼロになることも
  • 消費税:物件本体にかかる税金で、土地代は非課税


  • マンションを購入してから毎年かかる税金

  • 固定資産税・都市計画税:自治体に毎年納める税金


と、これらの税金がかかります
よぴ
こんなにある税金たちの負担を軽くするためには、ある程度部屋が広くないとダメなんだよな

各種税金の軽減や特例を受けたいときは、部屋の専有面積が50㎡以上が条件になるということ。
注意なのが、この面積の数値は登記簿にのっている面積を示しているということです。
不動産の広告に表示されている面積と相違がある場合があるので注意が必要!

ましゅ
不動産は少しでも、面積を多く表記したいもんね

確認を怠らないように気をつけたいところ!

所得税対策!住宅ローンの控除期間は最大10年

よぴ
そういえば、この前モデルルームにいったときに、住宅ローンを組むと所得税が安くなるって言ってた。
毎年12月になると20万円くらい帰ってくるんだって(爆)
ましゅ
なんか、プチボーナス的な感じだね〜

住宅ローンを組むと、住宅ローン控除という制度を受けることができます。
これは、年末ローン残高の約1%額が所得税や住民税から戻って来る制度。
最大で1年間40万円、10年で400万円戻ってきます。

ましゅ
住宅ローン控除を受けるためには、入居したら確定申告しないといけないんだよね
よぴ
2016年度に新築マンションに住むなら2017年。
2017年の確定申告の時期を過ぎたら、2018年に行かないとだな

入居年が2021年12月までと期間が決まっているみたいなので、東京のマンションの物価の値段を考えると、2020年の東京オリンピック前までに新築マンションを購入するのが、やっぱり得かも〜。

年収約510万円以下は、すまい給付金制度が利用できる

ましゅ
あと、最近知ったんだけど、年収が約510万円以下の人が持ち家を購入しようとすると、お金がもらえる制度があるみたい
よぴ
消費税増加に伴う負担を軽くする制度な

すまい給付金は、消費税率引上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために創設した制度です。消費税率8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円、10%時は収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円を給付するものです。

引用:すまい給付金

住宅ローンの利用が原則なんだけど、50歳以上は一定の要件を満たす場合は現金でマンションや家を購入しても対象になるそう。

よぴ
いかに、数十万円でも安くマンションを購入して、いい家具やインテリアを購入するかだな

よぴは、お金に対して貪欲!

家探し・家づくりの悩みをプロが無料で解決


お家探し、部屋探しで迷ったら気軽に相談できるLIFULL HOME'S 住まいの窓口に相談するのがオススメです。

こんな方にオススメ
●仕事が忙しくてお店で住宅の相談をする暇がない
●効率よくスムーズにお家を探したい
●プロの意見を聞きたい
●住宅探しにお金をかけたくない
●子育てで外出が難しい
●ケガと病気で遠出が億劫
●質問したことに対する的確な答えが欲しい
●質問したいのは本当に2、3項目だけ


注文住宅、マンション、戸建て、中古リノベーション、新築マンションなど住まいの相談から、住宅ローンや税金など金銭のご相談、住宅購入のスケジュール感など住宅購入にまつわる大きな質問から些細なライトな質問まで、プロが的確な答えを即レスで対応してくれます。

住宅購入で情報収集を怠ると100万円以上の損失を被ったり、買い替え目的で部屋が売れなかったり、購入後に後悔することが多数。

満足のいく住宅購入のためにも、プロのアドバイスは絶対に聞いておくことをオススメします。 LIFULL HOME'S 住まいの窓口無料相談サービスはいま限定。 このサービスがいつ終わってしまうのかまったくわからないので、いますぐ相談するのが絶対お得ですよ。

人気の関連記事