2017年いま金利は史上最低。住宅ローンの変動金利の推移と予測

SPONSORED LINK

変動金利は2017年のいまが最低。
今後は下がる一方なの?上がるの?

よぴ
住宅ローンについて勉強しなきゃだな
ましゅ
そうだね。
いまだね、金利のことがよくわかっていない(涙)
ましゅ
とりあえず、いま組むならフラット35のような固定金利じゃなくて変動金利のほうが安いってのだけ覚えている

嫁予定のましゅです。
貯金もそうですが、お金のことはいかんせん苦手ですー。

ですが、スーモ情報によると金利はいま史上最低らしい。
なぜかって?
それは派遣夫婦にはわからないので、勉強してみる!(涙)


2017年のいま、住宅ローン金利が史上最低な理由

モデルルームや事前説明会で不動産屋さんと話していると、絶対でてくるのが「いまは、住宅ローンの変動金利がとても安い」ということ。
近年まれにみる低下っぷりだそうです。

ましゅ
確かに、この推移をみると一目瞭然だね

金利の推移 width=

2008年から2017年の住宅ローン金利の推移ですが、変動金利は徐々に徐々に下がっています。
フラット35の固定金利も2009年が最高で、あとは微妙な上がり下がりを繰り返して、結局は低い金利に落ち着いていますね。

ましゅ
これでみると、固定金利のほうがいかに高いかわかる!(汗)

変動金利は、金利の変動によって将来的に多く支払うリスクがありますが、こんなに下がりきっているこのご時世で固定金利より高くなることは現状のところはまずなさそう。

よぴ
たしか、日銀や銀行の対策によって、金利がこんなにも下がったんだよな

住宅金利が下がった背景には、日銀がマイナス金利政策を導入したことや、銀行による金利引き下げ競争が活性化していることが原因です。
たしかに、2016年2月16日に日本で初めてマイナス金利政策が発表されていました。

マイナス金利政策とは、 日銀が銀行から預かる金銭の一部にマイナス0.1%の金利をつける政策。企業や個人の借り入れや投資などが増える効果が期待できる。
ましゅ
マンションを購入したいましゅ達には、プラスの政策だね
よぴ
そうだよなー。
それに、住宅ローンの審査が2〜5つ通ったら、当然金利が1番安い銀行を選ぶしな

銀行は顧客を囲い込もうとするため、0.1%でも引くく金利を設定するのだそう。
低い金利以外に、その銀行特有のメリットを打ち出しているみたいなので、今度ゆくゆく調べたい〜。

2017年以降の住宅金利推移を予測

ましゅ
直近2〜3年はすぐに金利は上がらないと思うなー。
本当になんとなくだけど
よぴ
史上最低とはいかないでもちょっと上がる可能性は十分にあるよな
ましゅ
でも、本当にちょっとだったら、固定金利より変動金利で住宅ローンを組むほうが全然いいよね

2017年の現在、住宅ローンの金利が最低ですが、デフレ脱却や景気回復が功を奏して金利が上昇することも予測できます。
よって、ずっとずっとこのまま低い状態は続かなそうですね。

ましゅ
住宅ローンを組めたら、いま組んだほうが絶対に得だよね?

現在住宅ローンを組んでいる方は、金利が年々さがっているので、とても得です。
来年もこのまま金利が下がってくれたら派遣夫婦的にはうれしいのですが。

ましゅ
でも、景気がよくなるほうがいいよね。
安部さん(涙)

安部首相、いまもろもろ大変な時期だと思うのですけど、バブル景気の再来を期待しています(爆)

よぴ
バブル景気みたいになったら、金利あがるだろ(怒)

景気もよくなって欲しいし、金利も下がったままいて欲しいし、複雑です!(涙)

家探し・家づくりの悩みをプロが無料で解決


お家探し、部屋探しで迷ったら気軽に相談できるLIFULL HOME'S 住まいの窓口に相談するのがオススメです。

こんな方にオススメ
●仕事が忙しくてお店で住宅の相談をする暇がない
●効率よくスムーズにお家を探したい
●プロの意見を聞きたい
●住宅探しにお金をかけたくない
●子育てで外出が難しい
●ケガと病気で遠出が億劫
●質問したことに対する的確な答えが欲しい
●質問したいのは本当に2、3項目だけ


注文住宅、マンション、戸建て、中古リノベーション、新築マンションなど住まいの相談から、住宅ローンや税金など金銭のご相談、住宅購入のスケジュール感など住宅購入にまつわる大きな質問から些細なライトな質問まで、プロが的確な答えを即レスで対応してくれます。

住宅購入で情報収集を怠ると100万円以上の損失を被ったり、買い替え目的で部屋が売れなかったり、購入後に後悔することが多数。

満足のいく住宅購入のためにも、プロのアドバイスは絶対に聞いておくことをオススメします。 LIFULL HOME'S 住まいの窓口無料相談サービスはいま限定。 このサービスがいつ終わってしまうのかまったくわからないので、いますぐ相談するのが絶対お得ですよ。

人気の関連記事