マンションの部屋選び6選。どこからオキニの高額マンションを見つける?

SPONSORED LINK

マンションの部屋選び。
さて、どこから情報収集する?

よぴ
よし、マンションを購入しよう!
ましゅ
そうだね。
でもさー。
どこでマンションの情報を集めたらいいんだろう?
やっぱ、ネットかなあ?

嫁予定のましゅです。

マンション購入を決めた当初。
本当に右も左も分からない状態でした。

実際にマンションを買った大先輩に話を聞けば早いのだけど、結婚もしていないふたりがマンションの購入を考えているだなんて内緒。

両親にもさらけだしていないトップシークレットなのです。

ましゅ
親にも言っていないことを、赤裸々にブログに書いています!

親は頑固モノですし昭和生まれなので、「派遣社員なので7,000万のマンションなんて、絶対買えないよ!!!!」というに違いません。

よって、秘密です。

さて、そんなド素人のふたりでも学ぶ意欲は人一倍あります!
探してみると意外なところにもマンションの情報があちらこちらに。

今後、マンション購入を検討している方にぜひ、参考になればうれしいです♡

マンションのお部屋選び(1)
不動産ポータルサイトSUUMOで検索する

SUUMO

気軽に、てっとり早く探すならやっぱりインターネット検索。
全国の不動産情報が網羅されている日本最大級のSUUMOなら、主要なマンションは掲載されています。

よぴ
検索でふるいにかけることもできるから便利だよな

予算金額の設定や物件の位置、ペット可など細かな設定ができるので、ある程度購入したいマンションをふるいにかけることができますよ。

ましゅ
スーモカウンターとも連携しているみたいだから、SUUMOでマンション購入するなら便利かも

マイページで気に入ったマンションの管理もできるので、SUUMOを使わない手はありません!

マンションのお部屋選び(2)
電車の車内広告は郊外のマンション情報が豊富

よぴ
電車の車内広告って、こんなにマンションの広告がでているんだなー
ましゅ
マンション買うって意識するまで、ぜんぜん気づかなかったね

そうなのです。
意外と電車の車内広告にマンションの販売情報が掲載されています。
東京だけかもしれませんが、以外と郊外マンションの情報が多いですね。

「大手町まで30分!」
「新橋まで25分!」

都心から離れている分価格は3,000万円以下と求めやすいのが特徴。
通勤アクセスのみ心配だから、こういったキャッチフレーズが多いのではないでしょうか。

マンションのお部屋選び(3)
駅貼りポスターでその地域の販売マンションを知る

マンションの部屋選び

電車の車内広告も多いですが、駅張りポスターも意外とマンション情報が多いです。

特徴としては、ポスターが貼られている駅から最寄りの新築マンションが多くあること。

ましゅ
住みたい街に実際に足を運んで、マンションを探すのも街の雰囲気がわかっていいね

デメリットとしては、現地に付近に出向くわけですが、時間がかかってしまうこと。
ある程度住みたい街が絞れたなら、駅に掲載されているポスターにも着目してみてください。

マンションのお部屋選び(4)
ポスティングチラシも捨てないで!

マンションの部屋選び

よぴ
今日、こんなマンションの広告入っていたよ。
なんだか、これSUUMOでもみたことあるなあ

マンション購入を検討する前は、邪魔で邪魔で仕方がなかったマンション販売のチラシ。
いまではかけがえのない情報収集源のひとつです。

地元に密着した情報が載っているから、今住んでいる街からあまり離れたくない人にとっては必見!

マンションのお部屋選び(5)
街頭広告でマンション情報を知る

電柱にマンションの販売情報がペタリと貼られてあったり、ティッシュ配りにマンション情報がくっついていることがあります。

これもポスティングチラシのように、地元に密着したマンションの販売情報が載っています。

ましゅ
人から話しかけられることもあるので、断れたない人はマンションをついつい買っちゃわないように要注意!

マンションのお部屋選び(6)
やっぱり、その街の不動産から物件情報を知る

住みたい街を絞れたなら、実際にその街の不動産屋さんにいってみるのも有り。
その街の情報や気になるマンションについて質問があれば、不動屋さんに聞くことができるので知識がつきます。

これも、時間に余裕があるときにしかできませんし、すべてをYES!といってしまわない頑丈な心が必要。


いろんなところから情報を集めて、マンションの感覚を掴む!

よぴとましゅは共働きで、わりと夜遅くまで働いているので現地まで動けるのは土日しかありません。
だから、SUUMOは本当に重宝しています。

SUUMOで気に入った物件があったら、公式サイトにいって、資料請求したり情報を収集。

マンションの部屋選び_資料請求

住みたいマンション情報を得ることが1番の目的ではありますが、相場もなにも知らないので、まずいろんなところの物件情報をみることも大切だと思いました。

そうすることで、価格や間取りの比較をすることができますしね。

よぴ
この物件もいいよな。
でも、あれもいいよなー
ましゅ
(でも、高い物件を見過ぎて金銭感覚がマヒしている気がする!)

100万円でも大金です。
あまりにもいろんな桁を見過ぎて、金銭感覚が狂わないように気をつけて!

人気の関連記事