派遣夫婦、マンションのモデルルーム&説明会に初申込!行く前の必須事項

SPONSORED LINK

遂に動き出した派遣社員夫婦。
気になるマンションのモデルルーム&説明会を申込み!

よぴ
この、新築マンションのモデルルームをみてみよう!
ましゅ
うんうん。
ここはいい感じだよね
よぴ
そんなわけで、ましゅ、予約しておいて。
よろしく!
ましゅ
ぇ。
こういうのって男の子にやって欲しいものなんだけど

嫁予定のましゅです。

よぴのいうとおり、いそいそと気になるマンションの説明会とモデルルームの内覧を予約しました。
まあ、正直よぴにお願いするよりも、ましゅがやったほうが早い(爆)

マンション購入してはじめて、モデルルームとかの大事さがわかったかも。
子どものころは、

ましゅ
建ててもどうせすぐ壊しちゃうんでしょ?
むだむだ

って思っていたけど、マンション購入を検討しているいま、施工中で本物のマンションをみれないからモデルルームの存在は本当にありがたいと実感します。

そもそもマンションの説明会とは?

マンションでは、入居の2~3カ月前に入居説明会が行われます。入居までのスケジュールや管理についての説明などが行われる他、ほとんどの物件では、オプションの打ち合わせ、住宅ローンの本申し込みなども、この機会に行うよう設定されています。

また、利用する駐輪場・駐車場の区画や、引越し日もこの時に決められます。希望する区画が重なっていたり、引越し希望日が集中していたりする場合には、抽選が行われます。

相談コーナーが設けられていることもありますから、わからないことや不安に思うことがある時には、遠慮せずに利用するとよいでしょう。

引用:http://www.athome.co.jp/contents/reading/sumikae-kau/moveinto/explanation/

「抽選」!?
これって、はずれたら購入できないってことかしら。

では、モデルルームは?

分譲マンションの販売に際して、現地の近くや敷地内に建築される、間取りや設備などの仕様を見せるための施設のことをモデルルームといいます。

現地の近くに実物大で作られる「仮設モデルルーム」、敷地内の部屋を使った「棟内モデルルーム」、設備仕様の一部を展示した「サンプルルーム」といった様々な形式があります。モデルルーム(Model Room)を略してMRと表記することもあります。

引用:http://www.homes.co.jp/words/m5/525001179/

ふむふむ。
これが、ましゅが子どものころにムダだと思っていたモデルルームね。
略して、「MR」っていうだなんて初耳。

施工中の現地マンションをみることを薦められる

説明会とモデルルームの予約を深夜にしたら、翌朝早朝にマンション販売関係者から電話がかかってきました。
どんな間取りが気になるか、モデルームの場所の確認などの会話をやりとり。

電話のやりとりで強く薦められたのは、「説明会前に、現地のマンションをみにいく」こと。

ましゅ
マンションが建つところの周辺環境をあらかじめ確認してこい、ってことだよね

確かにマンションが建つ環境を把握しているか、していないかで説明会での質問事項も変わってくると思います。
どこが駐車場になるのか、日光はあたるのかとか。

説明会やモデルルームをみる前に、施工中の現地マンションをみることは必須事項ですね。

よぴ
よし、明後日すぐいこう
ましゅ
昼と夜の街並み、どっちも確認したいよね

人の話は素直に聞き、行動が早いのが自慢な私たちなのでした。

人気の関連記事