派遣社員で高額マンションは買えるのか?救世主はフラット35!

SPONSORED LINK

7,000万円以上の高額マンションを買うために考えた

よぴ
派遣社員なのですが、どうしても将来的に7,000万円のマンションを購入したい

旦那予定のよぴです。

派遣社員だと、なかなか住宅ローンが組めない事実が発覚!!
そこで今回、派遣社員の救世主になりえる住宅ローン「フラット35」のいうものを発見したため、自分たちのためにも文字に起こそうと思いました。

救世主「フラット35」とは?

よぴ
そもそも「フラット35」よくわからない
ましゅ
ましゅもよくわからん

早速、調べてみました!

フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携してみなさまに提供している長期固定金利住宅ローンです。
長期固定金利住宅ローンは、資金のお受取り時に返済終了までのお借入金利、ご返済額が確定する住宅ローンですので、長期にわたるライフプランを立てやすくなります。
フラット35は、「ずっと固定金利の安心」で大切なマイホームの取得とその後のライフプランをサポートします。

引用:http://www.flat35.com/loan/flat35/

みたいです。
簡単にいうと、35年間でローンを組み、ずっと同じ金利で払い続けるというもの。

よぴ
えっっ!!35年も!!!ながっ

フラット35のメリット

しかし、フラット35にはいろいろなメリットがあった。

フラット35のメリット

  1. ずっと固定金利のため資金の受取時に返済終了までの金利、返済額が確定する
  2. 一般的に住宅ローンの借入れに必要となる保証料はかからない。そのため、保証人も必要ない。
  3. 万が一のことがあった場合に備えて、機構団体信用 icon-home 保険や、3大疾病保障付機構団体信用生命保険を用意している
  4. 雇用形態の制限がない

最後の(4)のメリット、派遣社員にとってはとても気になりますよね。

私もこれが気になり調べました。

ようするに派遣社員だろうが、契約社員だろうが安定した収入があれば組めるということなのです!

年収も気にするな

フラット35は、銀行の融資と比べて年収面も緩和されているみたい。
そもそもフラット35では年収ではなく「返済比率(総返済負担率)」を重視しています。

「返済比率」とは、1年間のローン返済額があなたの年収の何%まで借りれるかということです。

 icon-bookmark 年収400万円未満:返済比率30%以下
 icon-bookmark 年収400万円以上:返済比率35%以下

例えば下記のステータスの人がいたら、

 icon-bullhorn 借入予定の住宅ローン金額:2,500万円
 icon-bullhorn 返済予定年数:35年
 icon-bullhorn 金利:2.0%
 icon-bullhorn 元利均等返済、ボーナス返済なし

毎月の返済額は、約8万3,000円になります。

んでもって、返済比率は年間の返済額を計算するので、住宅ローン以外のローン契約がなければ、年間約99万6,000円の返済が可能になります。

仮に年収を500万とすると、

年間の返済額(99.6万円) ÷ 年収(500万円) × 100 = 19.92%

となり、余裕で借入することが出来ます。

フラット35の審査が通る裏技を発見!

頭金が用意できなかったり、年収が少なくて返済比率をオーバーしてしまっても、なんとフラット35の審査が通る方法がまだありました。

フラット35は「収入を合算して計算できる」みたいです。

そのため、世帯で収入を合算することもできますし、親の収入と一緒にして申請もできます。

合算条件を記載しますね。

 icon-bullhorn 本人の直系親族、配偶者(婚約者、内縁関係者でもOK)
 icon-bullhorn 申込時の年齢が満70歳未満の人であること
 icon-bullhorn 本人と一緒に住む(同居)予定の方(条件によって同居しなくても良い場合もあり)
 icon-bullhorn 連帯債務者になることができる方

よぴ
これはなんだかいけそうな気がする(ニンマリ)
ましゅ
悪い顔している(汗)

なんだか、幸先よくなってきた!

人気の関連記事